【簡単10分】WordPressブログの作り方

【文章力を鍛える裏ワザ?】相手に伝わる文章力を磨く5つの方法を解説

文章力を鍛える裏ワザとは?
ジョニー

・文章力ないから、どんなトレーニングをすれば良い?
・頭が良くないと文章力を磨くのは無理なのかな…

こんな悩みを解決します。

僕は学生時代、国語がかなり苦手でした。

ですが、そんな僕でも3ヶ月の文章力トレーニングで「文字だけ商品を売る」までになりました。しかも独学で。

そこで今回は「文章力を鍛えれる裏ワザ」に加え、「文章力を磨く5つの方法」を徹底解説していきますね。

本記事を参考にすると、文章力を上げる方法が分かり、文章を書く手を止めることも無くなりますよ。

本記事の内容
  • 文章力を鍛える裏ワザとは?
  • 文章力を磨く5つの方法
  • 文章力を向上させるポイント

≫今なら現金1,500円を配布中です!

この記事の筆者
ユウタ

クリプトブロガー
HASIGN/ハザイン
▶詳しいプロフィール

目次

文章力を鍛える裏ワザ

文章力を鍛える裏ワザ

結論、文章力を鍛える裏ワザは『写経』です。

特定の記事や文章を丸写しにするわけです。そのためお金は一切不要。スキルも何もいりません。

この写経を繰り返すことで、短期間で爆発的に文章力を鍛えることに成功。結果、言葉や文字を通して商品が売れました!

写経で文章力を鍛えられる理由

丸写しで文章力を鍛えられるの?

と思うかもですが、かなり鍛えられます。

何度も写経をしていると、「読みやすい文章は結論から書いてあるな」など気づきが出てくるので。

普段読んでいるだけでは気づけない部分に目が行くので、文章を書く人の目線が身に付いてきますよ。

写経で文書力を鍛える手順

写経で文章力を鍛える手順は以下の通り。

  1. 写経する文章を決める
  2. 決めた文章を完全再現する
  3. ひたすら「①→②」を繰り返す

たったこれだけ。

写経する文章は何でもOK。僕はよく読んでいたブロガーさんの記事を繰り返し写経していました。

写経で文章力を鍛える際の注意点

写経をする際には以下2つを意識しましょう。

  1. 完全に再現する
  2. 気持ちまでコピーする

まず文章は完全再現してください。一言一句です。一流ライティング術の魂は細部に宿りますから。

また、気持ちまでコピーしましょう。すると、「なぜこの言い回しを使ったのかな?」など疑問が生まれます。

そして、疑問が生まれれば思考が生まれます。疑問のないところに学びはありません。常に疑問を持ちましょう。

文章力を磨く5つの方法

文章力を磨く5つの方法

ここまで文章力を「0→1」に鍛える裏ワザを解説しました。

なので、次は文章力を「1→0」に磨く方法を5つ紹介していきますね。

  1. 毎日本を読む
  2. PREP法を意識する
  3. 言い回しをひたすら考える
  4. 目の前の現象を言語化する
  5. 文章を第3者に添削してもうら

順番に見ていきましょう。

①毎日本を読む

ありきたりですが本を読みましょう。

色々な表現に触れられますし、何よりインプットになります。知識が豊富なほどフレーズも増えますからね。

読む本は何でもOK。ちなみに僕はトレーニングの一環で月100冊の本を読みました。詳しくは以下よりどうぞ。

②PREP法を意識する

PREP法とは、わかりやすい文章を書く万能テンプレートのことです。

  • P:結論
  • R:理由
  • E:具体例
  • P:結論

簡単に例を挙げると以下の通り。

【PREP法の例】

「P」僕は旅行が好きです。
「R」非日常を味わうことができるので。
「E」実際、海外では日本にはない食べ物や文明を体験することが可能です。
「P」なので、僕は旅行が大好きなんですよね。

こんな感じ。とりあえずPREP法に当てはめれば、理解しやすい整った文章になりますよ。

③言い回しをひたすら考える

何でも良いので1つ単語を思い浮かべて下さい。

じゃあ「りんご」にしましょう。そしたら、りんごの別の言い回しをひたすら考えます。

赤くて丸いフルーツ?青森で有名な甘い果実?などなど。語彙力の向上に繋がりますので。1単語で最低3つの言い回しを徹底しましょう。

④目の前の現象を言語化する

こちらは実際に目の前にあるモノや風景を言葉に変換します。

「右手にはグラスがある。中身は空っぽ。わずかに水滴がしたたり涼し気だ。窓も空いている。風が入り込んで気持ちがいい。今は暑い季節だけど、エアコンがなくても快適だ。」

上記は目の前の現象を、思いついた言葉にただ言語化しただけです。

この言語化トレーニングでは説明力を鍛えることが可能。物事を伝えるスキルを磨くことができますよ。

⑤文章を第三者に添削してもらう

文章を添削してもらうのも効果的。

ここまでは自分ひとりでできるトレーニングでした。

なので、あなたの文章力が他人から”どう見えているか”は分かりません。

「添削できる友人がいない」という方は「文賢」というサービスが最適。自動で最適な文章校正してくれますよ。

ここまで紹介した方法を実践すると、文章力を「0→1」へと鍛え「1→10」へと磨き上げることが可能です。
≫「文賢」で正しい構成の文章を書いてみる

文章力を向上させるポイント

文章力を向上させるポイント

最後に、文章力を向上させるポイント。

結論、アウトプットし続けることです。いくら文章力を鍛えても、使わないと廃れます。

何事も同じですが、スキルは実践の中でこそ最も成長しますから。ただ学ぶだけでは壁にぶつかってしまうでしょう。

文章のアウトプットにはブログが最適

文章のアウトプットにはブログを使いましょう。

アウトプットができる上に、収益化もできるからです。僕が書籍出版の依頼を頂いたのもブログ経由ですしね。

月1,000円ほどで開始できてリスクもないので副業としても最強。ブログを持つとライター業の仕事も取りやすくなります。

文章力を上げるにはインプットが重要。が、それ以上にアウトプットも重要です。文章を”使う”ことも忘れずに。
≫【ConoHa WING】初心者も10分でできるWordPressブログの始め方を解説

文章力を磨く5つの方法のおさらい

文章力を鍛える手順
  1. 写経する文章を決める
  2. 決めた文章を完全再現する
  3. ひたすら「①→②」を繰り返す
文章力を磨く5つの方法
  1. 毎日本を読む
  2. PREP法を意識する
  3. 言い回しをひたすら考える
  4. 目の前の現象を言語化する
  5. 文章を第三者に添削してもらう

文章力は誰でも身につけることが可能。

本記事の方法を活用すれば、文章力を「0→1」へと鍛え「1→10」へと磨き、その上で武器として使えます。

また、基礎を作った上で「モノを売る文書力を身に付けたい」という方は以下を参考にしてみて下さい。

bitbank
文章力を鍛える裏ワザとは?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
bitFlyerクレカ

コメントする

目次