【簡単10分】WordPressブログの作り方

【2022年版】オススメのWordPress無料テーマ3選【費用0円】

無料テーマ
ジョニー

・有料テーマは2万円くらいするから迷うなぁ
・節約したいから無料テーマを使いたいな。

こんな悩みを解決します。

ブログの記事作成をするなら、デザインテーマを使うのは必須です。

WordPressのデザインテーマには【無料・有料】の2種類があり、どちらか選んでブログをカスタマイズしていきます。

本記事では、「どうしても無料でブログをカスタマイズしたい!」という方のために、オススメの無料テーマについて解説していきます。

本記事の内容
  • おすすめ無料テーマの紹介
  • 無料テーマのメリット
  • 無料テーマのデメリット

≫今なら現金1,500円を配布中です!

この記事の筆者
ユウタ

クリプトブロガー
HASIGN/ハザイン
▶詳しいプロフィール

目次

【WordPress】無料テーマと有料テーマの違い

【WordPress】無料テーマと有料テーマの違い

はじめに、無料テーマと有料テーマの違いについて解説していきます。

無料テーマの特徴

無料テーマの特徴は、以下になります。

「無料テーマ」の特徴

・初期費用がタダ
・※カスタマイズに個人差あり

無料テーマは初期費用がかからないので、リスクゼロでブログ運営ができます。

有料テーマと比べると性能は低いですが、本記事で紹介するテーマは有料級に近い機能を持っています。

HTMLやCSSといったプログラミングコードで、文字を装飾していくので、カスタマイズには時間が少しかかるのも特徴ですね。

無料テーマがオススメな人は?

  • カスタマイズ費用を0円にしたい人
  • プログラミングの練習を兼ねたい人
  • 趣味の範囲でブログをやりたい人

有料テーマの特徴

有料テーマの特徴は、以下になります。

「有料テーマ」の特徴

・費用は1万〜3万ほど
・SEO対策が施されてる
・カスタマイズが簡単
・おしゃれなデザイン
・執筆作業しやすい

無料テーマよりも機能性に優れ、カスタマイズの負担が少なく、デザインも洗練されています。

運営者のサポートが手厚いことや、マニュアルによる利用する際の些細なお悩みも解決できるので執筆作業に集中できます。

有料テーマがオススメな人は?

  • 簡単にカスタマイズしたい人
  • ブログで収益を得たい人
  • ブログ運営の負担を減らしたい人
ユウタ

「時間に投資したい!」という方は、
以下の記事を参考にしてみてください。

オススメのWordPress無料テーマ3選を紹介

オススメのWordPress無料テーマ3選を紹介

それでは、オススメの無料テーマを3つ紹介していきますね!

3種のテーマおすすめ度

テーマ名おすすめ度
①:Cocoon(コクーン)
②:Xeory(セオリー) 
③:Luxeritas(ルクセリタス) 

無料テーマ①:Cocoon(コクーン)

Cocoon(コクーン)

一つ目の無料テーマは、無料なのに高機能なWordPressテーマ、COCOON(コクーン)です。

製作者のわいひらさんが、「Simplicity」の後継として製作したテーマです。

以下の7つが主な特徴となります。

  • シンプル
  • 内部SEO施策済み
  • 完全なレスポンシブスタイル
  • 手軽に収益化
  • ブログの主役はあくまで本文
  • 拡散のための仕掛けが施されている
  • カスタマイズがしやすい

上記が特徴なのですが、いずれも無料テーマとは思えないほど、行き届いた機能性なので不便しませんね。

無料テーマでとりあえず1つ選んでくださいと言われたら、間違いなく、COCOONを選びますね!

無料テーマの中で一番が利用され、専用のフォーラムもあるのでCocoonの使い方などちょっとしたお悩みもここで解決できます。

運用歴が長いからこそ、初心者にも利用しやすいテーマです。

無料テーマ②:Xeory(セオリー)

Xeory(セオリー)

コンテンツマーケティングで有名なバズ部が作成したテーマが、Xeory(セオリー)です。

SEOに定評のあるバズ部が作成しているテーマなので、Googleのガイドラインに沿った内部構造になっているなど、SEO対策に力を入れたい人には心強いテーマといえます。

Xeoryのサイトイメージ

サイト型・ブログ型の2つに分かれているので、ご自身にあわせたテーマをダウンロードして使いましょう。

無料テーマ③:Luxeritas(ルクセリタス)

Luxeritas(ルクセリタス)

3つ目のテーマは、るなさんが制作したLuxeritas(ルクセリタス)です。

人気かつ高機能なCocoonよりも、ページ表示速度が速いのが強みですね!

また、レスポンシブ対応や600以上のデザインカスタムを行えるのも魅力になります。

Cocoonとカブらずにサイトを作りたいって方にもオススメです

【WordPress】無料テーマを使うメリット

【WordPress】無料テーマを使うメリット

初期費用が0円

無料テーマを使うメリットは…

テーマコストが0円!以上!

…。

コレだけ。ではないですが一番のメリットはなんと言っても無料なところです。

有料テーマなら、2万円前後のコストがかかります。

SEO対策やカスタマイズ性に優れたものを選ぶので、最初に初期投資しないといけません。

せっかく選んで使ってみたけど、操作性やデザインが思いのほか合わなくても、返品できない場合があります。

こういったことも踏まえて有料テーマは慎重に選びましょう。

サイト作成の勉強になる

無料テーマのデザインや文字の装飾にはHTML・CSSなどプログラミングコードを使用するので、ある程度スキルが必要になります。

プログラミングを勉強してるなら、その内容をブログにまとめれば応用しつつスキルを磨くことができるのでオススメですね!

※結構大変ですが…

実際にWebサイトの内部までを「自分で作り上げている!」という達成感を感じるれるはずです!

【WordPress】無料テーマを使うデメリット

【WordPress】無料テーマを使うデメリット

デザイン性に欠ける

有料テーマのデザインと比べると、サイトの出来栄えがまったく違います。

洗練された美しさや、スタイリッシュでカッコいいデザインには勝てませんw

幅広いカスタマイズでオリジナリティのあるサイトを作れるのも、有料テーマの強みですね。

カスタマイズしにくい

無料テーマでは、文字の装飾を含めて色んなカスタマイズに、プログラミングコード(HTML・CSS)を使わないと自由に変更できません。

あらかじめ用意したコードをメモに保存するなど、作業効率を上げる工夫もしないと進まないです。

こういった細かい壁はブログ初心者には負担になります。

「プログラミング面白い!」となる方なら問題ないですが、なかなか難しいと思います。

SEO対策が弱い

無料テーマでもプラグインを利用すれば、ある程度SEO対策を施すことはできます。

ただ、あまりプラグインを入れすぎるとページ表示速度が下がり、読者が満足して記事を読めないと離脱されます。

カテゴリタグやスマホ用のレスポンシブ対応など、ユーザー思いのあるサイト作りをしないとGoogleから評価をもらえません。

有料テーマには、そういったSEOのに関わる機能が最初から実装されてるので、ブログ運営を後押してくれます。

サポート不足

有料テーマの場合、会社が制作していることが多くアップデートなどのサポートが充実しています。

反対に無料テーマでは、個人の方が運営されてるものもあるので、頻繁にテーマのメンテナンスを行うのが厳しいことも。

また、お問い合わせについて、少し時間差がありすぐに対応できない場合もあります。

マネタイズしづらい

マネタイズについて、有料テーマと比べると機能やカスタマイズによる時間の余裕、SEO対策などブログ運営がスムーズに進まないことが要因に。

記事をより速く読者に届けない限り、商品を届ける機会を失ってしまいます。

売上のチャンスを掴むためなら、作業量を増やす=執筆作業を効率良く進める。といったことを工夫していきたいですね。

WordPressの無料テーマならお得にデザインできる!

おすすめのWordPress無料テーマ3選:まとめ

ブログのデザインは、あなたのブログの印象を決定づける重要な要素です。

料理がおいしいレストランでも、店舗の雰囲気に合わない内装だとお客さんは居心地が悪くなってリピートしてくれません。

そんなデザインに手を抜いてしまってはもったいないです。

無料テーマを利用して消耗するくらいなら、有料テーマを購入して好きな世界観を作るために負担を減らしましょう。

有料テーマは「手間」や「時間」を買う先行投資です。

ブログは読者に記事を届けることで、価値を提供できます。

自分の執筆作業に集中するために、テーマ選びは妥協せず決めていきましょう!

bitbank
無料テーマ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
bitFlyerクレカ

コメントする

目次