【簡単10分】WordPressブログの作り方

【0から上がらない?】ドメインパワーを上げる方法・調べ方を解説【DAの上げ方】

ドメインパワーを0から上げる5つの手順
ジョニー

・そもそもドメインパワーってなに?
・ドメインパワーはなかなか上がらないって聞くけど、上げる方法があるならやり方を知りたいです。

こんな悩みを解決します。

ドメインパワーはWebサイトの強さを表し、ドメインパワーを上げることでSEO対策にも繋がる重要な項目です。

本記事を参考にすると、なかなか上がらないと言われるドメインパワーを上げる方法が身につき、サイトの検索順位を向上させることができるはずです。

本記事の内容
  • 上がらない?ドメインパワーについて
  • ドメインパワーの強さを計測する方法
  • ドメインパワーを上げる5つの手順

≫今なら現金1,500円を配布中です!

この記事の筆者
ユウタ

クリプトブロガー
HASIGN/ハザイン
▶詳しいプロフィール

本記事では、ドメインパワーの調べ方、ドメインパワーを強くする方法について解説していきます。

SEOで成功するためには、『正しいキーワード』で『正しい記事作成』を『続ける』ことが重要です。この機会にドメインパワーへの理解を深めましょう。

目次

ドメインパワーとは

ドメインパワーについて
ドメインパワーについて
  1. SEO効果を期待できる
  2. ドメインパワーは上がりにくい

ドメインパワーとはサイトのパワーを表す指標のこと。

つまり、サイトの持つドメインが検索エンジンからどれだけ評価されているかを表す指標です。

ドメインパワーは「0~100」の数値で表示され、数値が高いほど記事の上位表示に有利となります。

ドメインパワーはSEO対策に効果的

ドメインパワーを上げると以下のような効果があり、SEO対策になります。

  1. 検索順位で上位表示されやすい
  2. インデックス登録が早くなる

順番に解説しますね。

検索順位で上位表示されやすい

ドメインパワーが高いと記事の検索順位にメリットがあります。

SEOではキーワード選びもそうですが、ドメインパワーの高さも重要なポイントです。

以下のような2種類のサイトで仮定すると、

  1. 質は低い・ドメインパワーが高いサイト
  2. 質は高い・ドメインパワーが低いサイト

この場合、①のサイトの方が上位表示される可能性が高くなります。

面白くないですが、質の低い企業サイトの記事でも、検索上位に表示されやすい理由がコレです。

それほどドメインパワーが需要のようですね。

インデックス登録が早くなる

ドメインパワーが高いと、インデックス登録されるスピードが速くなります。

と言うのも、ドメインパワーが高いと検索エンジンに記事が表示されるタイムラグが短くなるのです。

以下のサイト例で、インデックス登録の速度を見てみましょう。

  1. ドメインパワー0:最大2日
  2. ドメインパワー37:最大2時間

上記の通りで、ドメインパワーが高い方が断然インデックス登録のスピードは速いのです。

ドメインパワーは上がりにくい

上げる方法を紹介しましたが、ドメインパワーは中々上がりません。

1,2ヵ月間やっても全く上がらない人もいるほど。

なので、「時間がかかるんだな」という認識でいましょう。

ドメイン歴(ブログ運営歴)の短いサイトだと、ほとんどの場合「0」、もしくは1桁なはずです。

以上のことを踏まえ、ドメインパワーを測定してみましょう。

ドメインパワーの調べ方【かんたん計測】

ドメインパワーの計り方

続いて、ドメインパワーを計測できるツールをご紹介します。

ドメインパワー計測ツール

MozBar」を利用することで、ドメインパワー(Domain Authority)を調べることができます。

使い方は簡単でChromeの拡張機能をインストールしたあとに、「Moz」で会員登録するだけ。

ドメインパワー計測ツール

上記のような数値バーが表示されます。

PA」と「DA」という数字がありますが、意味は以下のとおり。

  • PA:ページ・オーソリティー(ページの権威性)
  • DA:ドメイン・オーソリティー(ドメインパワー)

DAはドメインの強さで、PAはページの強さになります。

基本的にはPAとDAは比例して伸びていきますが、ある単体のページの順位を伸ばしたいときは、該当ページに被リンクや内部リンクを送りましょう。そうすることで、PAを高めることができます。

ドメインパワーの比較

ドメインパワーには「0〜100」とお伝えしましたが、どれくらいの数値で強度を判断できるかを以下にまとめてみました。

ドメインパワーランク
0~10Cランク
11~20Bランク
21~40Aランク
41~60Sランク
61~100企業・Googleなど

上記はあくまでも目安です。

2〜3ヵ月で「20」を超える人もいれば、半年かかっても「0」の人もいます。年数や期間だけで勝手にドメインパワーは上がりません。継続的なサイト運営をしていく必要があるかと。

一般的に個人サイトであれば、ドメインパワーが「20」あれば強いと言えるでしょう。

ドメインパワーの上げ方:5つの手順

ドメインパワーを上げる5つの手順

それでは、ドメインパワーを上げる5つの手順を解説してきます。

ドメインパワーの上げ方:5つの手順
  1. 頻繁に更新する
  2. コンテンツを量産
  3. 被リンク数を増やす
  4. アクセス数を増やす
  5. ブログを長く運営する

では、順に説明していきます。

①頻繁に更新する

ドメインパワーはサイト運営歴が長ければ長いほど強くなりますが、更新頻度があまりに低いと逆に下がることすらあります。

なので、長く運営するのはもちろんですが、更新も1~2週間に1回はしたほうが良いです。

もちろん毎日更新ができたら理想ですね。しかし途中で全く更新がピタッと止まるくらいなら、無理せず自分のペースで更新していきましょう。

更新すれば、Googleへサイトが活発なことをアピールできます。

②コンテンツを量産

コンテンツを量産させることでユーザーの滞在時間が伸び、Googleからの評価も上がります。

また、被リンクの獲得や離脱率の低下も見込めるでしょう。

コンテンツを量産させるには、以下のことが効果的です。

  1. 記事数を増やす
  2. 記事ボリュームをUP
  3. 記事の質を上げる

1:記事数を増やす

シンプルに関連記事を増やそうということです。

関連した記事がないと内部リンクを貼れませんから、一切リンクがないと直帰率は上がり、Googleからの評価にも影響が及びます。

2:記事ボリュームをUP

記事のボリュームがあると評価されやすい傾向にあります。

公表されてないですが、「Google E-A-T」に関連して網羅性も評価の対象になりえますから効果的です。

ユーザーの求める情報を盛り込んだ記事を執筆していきましょう。

3:質を上げる

上記の「記事数を増やす」「記事ボリュームをUP」は質を保つことが前提となります。

質が低い状態で量産したり、文字数を増やしたりするのは逆効果です。

ユーザー主義を忘れないよう、質を大切に。

③被リンクを増やす

他のサイトなどから、リンクがあればGoogle検索エンジンに「人気のサイトだ」と認識してもらえるのでパワーが上がるといった感じです。

なので、質が高く需要のある記事を作成するのみです。

質が高く需要のある記事は他のサイトで紹介してもらえる可能性が高くなります。

詳しくは下記の記事をご活用下さい。

≫被リンクを増やす方法

Googleアップデートに注意

Googleアップデート(Googleアルゴリズムの変更)によって低品質な被リンクは評価されなくなっているので、量があればいいというわけではありません。

また、被リンクの購入はオススメできません。「Twitterのフォロワー購入」みたいにデメリットが多くあります。

もちろん、良質なサイトからの被リンクは効果的なので、獲得したいですね。

④アクセス数を増やす

アクセスの多いサイトは、同じくGoogleから評価されます。

以下の流入経路2種類を見てましょう。

  1. 検索エンジン
  2. SNS経路

1:検索エンジン

今やネット時代、スマホ検索は主流です。

しかし、ライバルも多くドメインパワーが低いと上位表示は厳しいのが現状。

そんな時こそ、ロングテールキーワードでSEOを攻めましょう。

キーワード選定に関しては以下の記事で詳しく解説しています。

2:SNS経路

「SEO対策は難しい・Googleの波に影響」これらを考慮してSNSからの流入も視野に入れるべき。

Twitter✕ブログも効果的でし、Instagramやnoteを活用して記事へのアクセスを狙えます。

SNSごとに使い勝手も違うので、自分にあったサービスと運用していきましょう。
≫Twitter攻略のコツ

⑤ブログを長く運営する

中古ドメインのパワーが高いのは、運営歴の長いからです。

つまり長く運営した方が、ドメインパワーが強くなるのは必然。

好きな文字列は選べませんが、中古ドメインを取得してブログを始めるも手ですね。ゲームで例えるなら、2周目の主人公みたいな。

独自ドメインを取得する

はてなブログ」や「note」などの共有ドメインは初期からドメインパワーが高く強いです。

ということは?上記プラットフォームで人気のページは検索順位の上位を取れます。

しかし、ドメインパワーを共有できる代わりに、リスクも共有してしまうため、あまりオススメはできません

プラットフォーム依存が強すぎるため、バンされたらゲームオーバー。

無難に独自ドメインを取得してサイト運営するのが一番です。

ドメインパワーをコツコツ鍛えていきましょう!

ドメインパワーは速攻で上がるものではありませんが、パワーを上げることで多くのメリットを得ることができます。

ドメインパワーを理解すれば、キーワード選定の際に競合分析にも活用できるのでコツコツとサイト運営しつつ、アクセスを伸ばしていきましょう。

今回は、以上となります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

bitbank
ドメインパワーを0から上げる5つの手順

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
bitFlyerクレカ

コメントする

目次