バイナンスから10%の自動収入をもらう方法!

【DmailのNFTドメインとは?】ICP発!仮想通貨メールアドレス【Web3.0】

こんな方におすすめ
  • DmailのNFTドメインを取得する方法がわからない

  • Dmailが「Web3.0版のGmail」ってどういうこと?

  • Gmailアドレスに不満を感じている

このように感じている方へお届けいたします。

ここで解説する『DmailのNFTドメインを取得する方法』を参考にすれば、自分だけの分散型メールアドレスを作成できます!

メールと一緒に、NFTや仮想通貨の送信が可能に!?
※現在、プレセール中です!

ぼくも実際に、DmailのNFTドメインを2つ作成してみました。

マイDmailドメイン

プレセールは期間限定なので、この機会に「Web3.0時代」で利用できる、分散型メールアドレスを作ってみましょう

ここでは、Dmailドメインを取得したユウタが、ICP発のNFTドメイン取得方法について、わかりやすく解説いたします。

この記事でわかること
  • Dmail(ディメール)とは
  • Dmailのメリット&デメリット
  • NFTドメインを取得する方法【5ステップ】

開催中のビットバンクキャンペーン

※本キャンペーンは、予告なく終了します。

新規入会&毎日の抽選企画で2,000円以上をゲットするチャンス!

①口座開設後に日本円を1万円以上入金=現金1,000円

②毎日10名抽選=現金1,000円

ビットバンク新規入金キャンペーン
bitbankビットバンク毎日1000円キャンペーン

\予告なく終了します!その前に2,000円GET!/

【公式】ビットバンクのホームページ≫

目次

Dmailとは【NFTドメインの特徴】

Dmail(ディメール)

Dmail(ディメール)」とは、Dfinity財団が開発したICP(インターネットコンピューター)上で作動する分散型のメールサービスです。

ブロックチェーンを利用したDmailなら、Google・Yahoo!などの企業が集中管理しているメールサービスの課題を解決してくれます。

また「Web3.0」の実現は、GAFAのような企業独占社会から脱却することが目的です。

そして、Dmailは分散したインターネット(ICP)を利用することで、ユーザーのプライバシーも守りつつ新しいメールサービスを展開していきます。

Dmailの特徴

おもなDmailの特徴は、以下の5つになります。

Dmailの特徴
  1. 既存のメールと同じように使える
  2. メールアドレスが資産になる
  3. トークンやNFTなどの資産を転送できる
  4. 個人情報が抜かれない
  5. 集中管理されてない
Dmailの特徴
  1. 電子メールドメイン名
  2. トークン譲渡機能
  3. データ主権、資産の送受信
  4. プライバシーの保護
  5. サブスクリプション機能

従来のメールのようにメールを送信できますし、分散型のブロックチェーン技術が合わさったことで、今までのメールの上位互換的な存在がDmailです!

Dmailを使うメリット&デメリット

Dmailのメリット&デメリット

Dmailのメリットとデメリットを解説していきます。

Dmailのデメリット

①:従来のメールサービスより利用するハードルが高い

Gmailやauメールなどのキャリアメールの場合、スマホやPCを買った時から最初から入っていたり、アプリをダウンロードすれば使えたはずです。

しかし、Dmailの場合だと「メールアドレス」を取得する前に、そもそも”仮想通貨”を先に購入する必要があります。

【補足】
Dmailは、Webウォレットと言われる「仮想通貨のお財布」が必要です。
代表的なもの:MetaMask(メタマスク)

ビットコインすら国内で”一般化”されてないので、なおさらDmailを始めるハードルは高いと言えます。

②:ドメインの取得にかかるコストも高い

MicrosoftのOutlookやGoogleのGmailのようなフリーメールを使っている人からすれば、正直高すぎるかもしれません。

Dmailドメインの価格は、一番安いもので9.99ドル( ㌦/118円=1,179円)です。

ただ、ドメインの購入に使える通貨は「ICP」・「USDT」の2種類なのですが、この2種類は海外取引所を利用しないと手に入れることができません。
※ICPの場合は、支払い手数料がほぼゼロ円です!

Dmailのメリット

「有料で高いし、使い始めるのも手間がかかるのにDmailを使う意味あるの?」って思われた方へ。

安心してください。その手間とコストを補う価値が「Dmail」にはあります!

①:メールアドレスが投資商品になる

メールアドレスが投資商品???となるでしょうから説明します。

Dmailのドメインは「NFT」なので、今後売却することが可能です。
また、ドメインを保持しているユーザーは、エアドロップ報酬をもらえます!

今までのメールサービスなら、有料の独自ドメインはありましたが、Dmailの場合ブロックチェーン技術のおかげで資産として残ります。

さらに、取得したドメインには文字数(4〜7文字)が少ないほど高い価値として認められ、報酬がより高くなる仕組みです。

②:勝手に利用停止にならない

GoogleやYahoo!といった大企業なら、ユーザーに有無を言わさず利用を止めることができてしまいます。

Twitterの投稿・Gmailが使えなくなった、アカウント停止

企業が始めたサービスなので、もちろん権限は全て企業側にあるからこそ、こういった理不尽が起きるのです。

しかし、Dmailならこんな苦しい思いをせずに、メールサービスを利用することができます。

分散型メールサービス」と呼ばれる理由として、
ICPブロックチェーンで分散して管理し、ユーザーが自身のドメインを使って自由にコミュニケーションがとれます。

さらに、NFTやトークンといった自分の資産を電子メールと一緒に転送できるので、わざわざ銀行を介して振込せずに、メールを送れば決済できるのです!

個人情報のプライバシーを保つ

GoogleやFacebookが個人情報を抜きまくっているのは、世界的に問題視されています。

「個人情報は抜かれるは、広告は表示されるし、メンテナンス中で使えないから困る…」といった事は全てDmailなら解決されます!

ブロックチェーンは基本的に24時間ダウンすることなく稼働していますし、Dmailなら分散したセキュリティの高いクラウドへ、データを保管してくれます。

また、ハッカーの攻撃から守るために「VRF(ランダムな暗号化)」やイーサリアム2.0にも使われる「BLS署名方式」を採用しているので頼もしいです!(技術的な説明は割愛します)

DmailのNFTドメインを取得する方法【5ステップ】

Dmailの取得方法

それでは、実際にDmailのNFTドメインを取得していきましょう。

主な流れは、以下の5つです。

Dmailを取得する方法【5ステップ】
  1. ビットバンクでXRP(リップル)を購入する
  2. XRP/リップルをバイナンスへ送金する
  3. 仮想通貨をWebウォレットへ送金する
  4. DmailでNFTドメインを購入する
  5. NFTドメインをPlugウォレットへ送信する

※本記事では、Dmailドメインの支払い通貨に「USDT」を例に解説してます。

ICP」経由でドメインを購入するのがオススメです!(手数料がほぼゼロ円

通貨の最小変換できる額が決まっているので、とりあえず3,000円分は必要になります。

では、1つずつ見ていきましょう。

ステップ①:ビットバンクでXRP(リップル)を購入する

ICP/インターネットコンピューター」は、国内取引所での取扱いは無いので、Binance(バイナンス)などの海外取引所へ仮想通貨を送金して購入することができます。

Binanceで取引するなら、bitbank(ビットバンク)にある最安値のリップルを送金するのがオススメです!

まだbitbankの口座をお持ちでない方は、以下の記事を参考にしてみてください。
>>bitbank(ビットバンク)の始め方

ステップ②:XRP/リップルをバイナンスへ送金する

先ほど購入したXRP/リップルは、バイナンスで「USDT」に交換することができます。

まだバイナンス口座をお持ちでない方は、以下の記事を参考にしてみてください
>>【10%割引付】バイナンスの始め方

その後、bitbankで購入したリップルを、Binanceへ送金しましょう。
>>ビットバンクからバイナンスへ送金する方法

送金したXRP/リップルを、ICPまたはUSDTへ交換します

バイナンスの取引画面から、「トレード」→「コンバート」に進みます。
・「USDT」:XRPをコンバートします
・「ICP」:USDTをコンバートします

USDTからICPへコンバートする

ステップ③:仮想通貨をWebウォレットへ送金する

①:「ICP」の送金パターンと
②:「USDT」の送金パターンの2種類をご紹介します

①:ICPを保有してる方は、「Plugwallet/プラグウォレット」へ送金しましょう。

プラグウォレットの作成がまだの方は、Plugwalletのインストール・作成方法をご覧ください

PlugwalletへICPを送金できたら、あともう少しです!
バイナンスからプラグウォレットへICPを送金する方法

②:USDTを保有してる方は、「METAMASK/メタマスク」へ送金しましょう。

メタマスクの作成がまだの方は→≫MetaMaskのインストール方法をご覧ください

MetaMaskへUSDTを送金できたら、あともう少しです!
≫バイナンスからメタマスクへ仮想通貨を送金する方法

ステップ④:DmailでNFTドメインを購入する

それでは、いよいよNFTドメインを購入していきます!

STEP
「Dmail」公式サイトで使いたいドメインを検索します。

≫Dmail公式サイトへ進む

Dmailの取得方法

4〜7文字までの好きな英数字を入力しましょう。
ちなみに、文字数で価格が異なります。
・4文字で199.99ドル、7文字で9.99ドルです。

NFTドメインを決める

グリーン色の「Lock&Buy」が表示されたら使用できるドメインです
もし取られてた場合、他のドメインを決めましょう。

STEP
DmailとWebウォレットを接続します。

オレンジ色の「Contact wallet」をクリックして、METAMASKまたは、Plugウォレットを起動させます。

Dmailとメタマスクを接続

支払いを進めるために、メタマスク(または、プラグウォレット)の署名をOKします。

メタマスクとDmailを接続させる
STEP
NFTドメインを購入します。

USDT」にチェックを入れて、「Confirm」をクリックします。

NFTドメインを購入する

USDTの場合、イーサリアムのガス代はどうしても発生するので、一緒に支払います。

ICPの場合、支払い手数料はほぼゼロです。

ぼくは今回、6文字で購入しました。エアドロップでもらえる報酬量に、ドメインの文字数が関係あるようなので。

USDTを支払う

これで、NFTドメインを無事に購入できましたね!

さて、続いて取得したドメインを、Webウォレットへ転送します。

ステップ⑤:NFTドメインをPlugウォレットへ転送する

購入した後に、対応しているWebウォレット(今回はPlug)へNFTドメインを転送します。

STEP
※Plugウォレットにログインします。

登録したパスワードを入力して、Plugウォレットへログインしましょう。
※ログイン済みなら、②へ進みます。

Plugウォレットへログイン
STEP
プリンシパルIDをコピーして、DmailのID欄に貼り付けます。

Dmail」のNFTドメインを転送するためには、Plugウォレットの「プリンシパルID」を入力する必要があります。

プリンシパルIDをコピーする
プリンシパルIDを取得する

①:オレンジ色の「My order」(ログイン中はウォレットIDが表示)へ進みます。
②:注文一覧の右側に「ReceiveNFT」をクリックすると、申請画面に変わります。

Dmail側でプリンシパルIDを貼り付ける

注文一覧に、「NFT issuing」と表示されていれば申請完了です!

2日以内には、PlugウォレットへNFTドメインが届きますよ。

STEP
付与されたNFTドメインを確認する方法

大体48時間で、Plugウォレットの「NFTs」に送られるはずです。

Plugウォレットの確認
NFTドメインの確認
取得したNFTドメインが表示されている

Dmailのドメインの所有権はあなたのものです。本始動したら、メールを送信してみてくださいね。

以上で、DmailのNFTドメインを取得する方法は完了となります。

しばらくは、ドメインを取得するだけなので、本格的にサービスが始めるのが楽しみですね!

Dmailのエアドロップをゲットする準備

Dmailの応募フォーム

Dmailからエアドロップをもらう方法

以下の内容を、Dmailネットワークの提出フォームへ送ると、エアドロップを貰うことができますよ。

・Discordのユーザー名
・プリンシパルID
・Dmailのドメイン名
・PlugウォレットにあるDmailのNFTスクショ
(撮り方⬇)

>>応募フォームはこちら

Dmailのエアドロップ応募フォーム
プリンシパルIDを取得する
ロールに必要なスクショ

フォームへ提出した後、Discordに入りDmail Botの「verify」にチェックします。

>>DmailのDiscord

DmailのDiscordの初期設定

提出から1・2日は様子を見てみましょう。

Discordのユーザー名が「黄色や青色など」に変わればOKです!(完了の証を”ロール”と呼ぶそうです)

HasignのDmailロール

メールを送るだけの時代は終わりです!

本記事では、DmailのNFTドメイン取得方法について、わかりやすく解説しました。

既存の「GmailやYahoo!メール」の問題点を解決してくれるだけでなく、Web3.0という新しい社会に適応したメールサービスを使うことで、より日常生活から不満を取り除いてくれることでしょう!

取得したドメインはNFTとしての価値も残るので、投資商品としてのメールアドレスを資産として持つことができますね。

今回は、以上となります

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

【目的別に使おう!】5つの国内取引所

👑【超万能取引所】GMOコイン

GMOコイン

顧客満足度国内No.1(※)インターネット業界大手のGMOグループが運営する取引所。現物取引・レバレッジ取引をバランスよく投資したい人にオススメです。

👑【全手数料が無料】ビットポイント

BITPOINTビットポイント

送金手数料が無料の国内取引所!ビットポイントジャパンが運営する取引所。送金/入出金の手数料が無料なので、初心者から海外銘柄トレーダーの方にもおすすめです

👑【BTC/ETH/XRPが超お得】ビットバンク

ビットバンク

現物銘柄数国内No.1(※)数多くのアルトコインを取引所で購入でき、板取引では「手数料が儲かる」設定となっています。取引に慣れてきた人にオススメです。

👑【豊富なBTCサービス】ビットフライヤー

ビットフライヤー

ビットコイン国内取引量No.1(※)※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)スマホから10分で口座開設でき、「1円」で積み立て投資ができるなど、小さく投資を始めたい人におすすめです。

👑【BTCほったらかし投資】コインチェック

コインチェックCoincheck

国内人気No.1の取引所()大手マネックスグループが運営する取引所。初心者にも使いやすく、強固なセキュリティで安心して仮想通貨を始めたい人にオススメです。

上記5つの取引所を比較した内容は、以下の記事で詳しく解説しています。
≫【仮想通貨】目的に合わせた取引所の選び方を解説【5選】

暗号資産ブログを始めてみよう!

>>ブログで稼いで、暗号資産に再投資するやり方

フォビジャパン
DmailのNFTドメインを取得する方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
DMM Bitcoin

コメントする

目次