バイナンスから10%の自動収入をもらう方法!

【脱Xserver/エックスサーバー】ConoHa WING移行方法【引越し7ステップ】

こんな方におすすめ
  • エックスサーバーからConoHa WING(コノハウィング)への移行する方法を知りたい

  • サーバーを移行する際の注意点が知りたい

このように感じている方へお届けいたします。

ぼくもWordPressの開設で、最初に”エックスサーバー”を契約しましたが、体感的に気持ち良くページ表示されないことにモヤモヤと。。。

そんな時に、「ConoHa WING(コノハウイング)」にサーバー移行してからは、パッと記事が表示されるようになりました。

ユウタ

Xserverからコノハウィングへ、サーバー移行の手順が少し多いです、画像付きでわかりやすく解説していきますね。

「設定画面」も見やすいかつ使いやすいので、初心者にも優しいレンタルサーバーです!

そこで、ConoHa WING(コノハウィング)に移行すると、

この記事を読むと・・・
  • エックスサーバーからConoHa WINGに移行する前の注意点
  • XserverからConoHa WINGにサーバー移行する方法
  • ConoHa WING(コノハウィング)に乗り換えるメリット

サーバー移行って難しそうですよね。

結論を言えば、結構カンタンにできます!

ただ、注意点に気をつければ問題なくConoHa WINGへ移行できます。

本記事では注意点も含め、初めて「エックスサーバー」から「ConoHa WING」に移行するやり方をわかりやすく解説していきます。

『ConoHa WING』を使用してWordPressブログを始めたい方は、以下の記事をご覧ください。
≫【ConoHa WING】初心者も10分でできるWordPressブログの始め方を解説

今すぐエックスサーバーからConoHa WINGに移行する方法を知りたい方は、こちらをクリックすれと先へ進みます。

コノハウィングキャンペーン!

WordPresの最速レンタルサーバーである、ConoHa WING(コノハウィング)なら、読者のストレスを減らしてくれる

期間限定:1,320円 660円(最大50%OFF)

締め切り:~11/14まで

ConoHa WINGコノハウィングキャンペーン

\ 今だけドメイン2つと初期費用も無料!! /

>>【公式】ConoHa WINGホームページ>

目次

エックスサーバー/ConoHa WINGの移行前に注意すること

エックスサーバーからConoHa WINGに移行する前に注意点をお伝えします。

  1. 移行作業が完了しても、最大3日間はエックスサーバー側のWordPressデータを消さないこと。
  2. 上記の期間中は、サイトの新記事公開や修正作業もやらない。

この2つになります。

経験者なら大丈夫ですが、「移行が初めて」や「WEB初心者」の方はとりあえず数日様子を見て、エックスサーバー側のデータを消すようにしましょう。

エックスサーバーからConoHa WINGにサーバー移行する全体像

木を見て森を見ず。移行する7ステップの全体像をまとめました。

  1. 「ConoHa WING」を申し込む
  2. 「ConoHa WING」へ移転するドメインを追加する
  3. 「ConoHa WING」のDNS設定をXserverの情報に変更する
  4. 「ConoHa WING」にサイトデータを移行する
  5. 移転するドメインのネームサーバーを変更する
  6. 「ConoHa WING」側で独自SSLを設定する
  7. 「ConoHa WING」のDNS設定をConoHa WINGの情報に戻す

エックスサーバーからConoHa WINGに移行する際に、サイトの表示できない期間を極力なくすために、「ステップ③」が重要になります。

ステップ③について⬇

ConoHa WINGでSSL化(https化)が完了するまでの間、

エックスサーバー側のサイトをSSL化状態で表示させるための作業

そうすることで、ConoHa WINGでSSL化するまでは、エックスサーバーのサイトをSSL化した状態で表示できるのです。

そして、ステップ⑦作業を完了後もすぐにConoHa WINGでSSL化したサイトが表示ができるようになります。

ステップ⑦が完了しても、すぐにエックスサーバーのWordPressデータは消さないでください。
理由は、DNS情報の反映に最大24時間〜72時間かかるからです。

※エックスサーバー側のサイトは、3日間くらい放置でOKです。

引越し①:ConoHa WINGに申し込む

それではまず、移転先のサーバーである「ConoHa WING」を申し込みます。

申し込みの流れは、まずConoHa WINGトップページへ移り、

  1. 「サーバーの契約「プランを選択」→申込み
  2. お客様情報」の入力
  3. 「SMS認証」・「お支払い情報」の選択

上記のような流れです。

コノハウィングキャンペーン!

WordPresの最速レンタルサーバーである、ConoHa WING(コノハウィング)なら、読者のストレスを減らしてくれる

期間限定:1,320円 660円(最大50%OFF)

締め切り:~11/14まで

ConoHa WINGコノハウィングキャンペーン

\ 今だけドメイン2つと初期費用も無料!! /

>>【公式】ConoHa WINGホームページ>

ConoHa WINGにアクセスして、「今すぐお申し込み」をクリックします。

①:サーバー契約プランの選択・申込み

まずは契約するサーバーの申し込みを行います。

ConoHa WINGサーバーの契約

①料金タイプ

「WINGパック」を選択しましょう。

②契約期間

多くのブロガーさんが選ぶ「12ヶ月」なら月額900円。

「36ヶ月」なら月額800円に!

期間が長いほどお得ですね。

(お試し感覚なら3ヶ月でOKです)

③プラン

個人の方は「ベーシックプラン」を選びましょう。

④初期ドメイン

この「初期ドメイン」は適当な英数字を入力してOKです。

(開設するブログでは使いません)

⑤サーバー名

最初から入力されてるものでOKです。

※その下にある「WordPressかんたんセットアップ」は

利用しない」でOKです。

入力ができたら、「続ける」をクリック。

②:お客様情報の入力

続きまして、「お客様情報」を入力していきます。

お客様情報

以下の項目を入力。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • メールアドレス
  • パスワード

入力できたら、「次へ」をクリックします。

③:SMS認証・支払い情報

さてお次は、SMS認証です。

SMS認証

電話番号を入力したら、「SMS認証」をクリックします。

4桁コード

認証ボタンをクリックすると、スマホに4桁の認証コードが届きます。

上記の画面にあるコード枠に入力して、「送信」を押せば完了です。

続けて、お支払い方法を選択します。

  • クレジットカード
  • ConoHa WINGチャージ

上記のどちらかを選択できます。
※ConoHa WINGチャージについてはこちらをクリック

今回は、クレジットカードのお支払い方法をご紹介します。

クレジットカード

クレジットカードの情報を入力します。

  • 名義(大文字のローマ字)
  • カード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード

できたら、「次へ」をクリックします。

すると、こんなメッセージが出た場合。

今は追加しない

もし表示されたら、「今は追加しない」をクリックしましょう。

ユウタ

onoHa WINGのサーバー契約はこれで完了です!
さて、いよいよエックスサーバー側のサイトを移行する作業に入ります。

STEP②:ConoHa WINGへ移転するドメインを追加

さきほど契約したConoHa WINGのサーバーへ、エックスサーバー側のWordPress情報を入力していきましょう。

ドメイン追加

手順は、以下になります。

  1. WINGをクリック
  2. サーバー管理をクリック
  3. ドメインをクリック
  4. 「+ ドメイン」をクリック

実際の画面だと、

ドメイン入力

このようなドメイン設定の画面が出てくるので、

  1. 「新規ドメインを追加」を選択
  2. 移行したいドメイン名を入力
  3. 無料独自SSLは「利用しない」を選択
  4. 「保存」をクリック

上記を参考に進めていきます。

ユウタ

今の状態では、無料独自SSLがエラーになります。
とりあえず「利用しない」を選択すればOKです!

ドメインを追加しました

すると「ドメインを追加しました」というポップアップが出ます。

ここで「はい」を押さずに、画面の暗い部分をクリックしてポップアップのウィンドウを閉じます。
(閉じれない場合は「はい」を押してもOK)

引越し③:ConoHa WINGのDNS設定をエックスサーバーの情報に変更する

「ConoHa WING」のDNS設定をXserverの情報に変更する

ステップ③の作業を行うことで、ドメインがConoHa WINGのネームサーバーを参照した時に、エックスサーバーにあるSSL化したサイトを表示できるようになります。

流れとしては、

  • 移行前のサイトがある「エックスサーバー」のIPアドレスをメモする
  • ConoHa WINGのDNSレコードのIPアドレスをメモしておき、エックスサーバーのIPアドレスに書き換える

このようになります。

①:移行前のサイトがある「エックスサーバー」のIPアドレスをメモする

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

≫サーバーパネルへのログインする

エックスサーバーのIPアドレス

ログインした後、サーバー情報を見ると、IPアドレスが確認できます。

例)123.45.678.90

このIPアドレスをメモしておきましょう。

②:ConoHa WINGのDNSレコードのIPアドレスをメモしておき、エックスサーバーのIPアドレスに置き換える

次はConoHa WING側で、エックスサーバーでコピーしたIPアドレスに書き換えていきます。

DNS情報の書き換え

このような流れです。

  • WINGを選択
  • DNSをクリック
  • ステップ2で追加した、移転したサイトドメインを選択
  • 鉛筆ボタンをクリックして編集

順番にやっていきます。

ConoHa WINGのIPアドレスは忘れずメモしましょう!

DNS情報の変更

すると上記のような編集画面になるので、

  1. 名称「@」の値をエックスサーバーのIPアドレスに書き換える
  2. 名称「WWW」の値をエックスサーバーのIPアドレスに書き換える
  3. 「+」をクリックする

このように進めていきます。

」をクリックすると、

上の赤枠のように新しい枠が作られるので、

  1. タイプ「A通常」
  2. 名称「*」
  3. TTL「3600」
  4. 値「エックスサーバーのIPアドレス」
  5. 「保存」をクリック

このように書き加えていきます。

保存」を押すと編集は完了です。

これでConoHa WING側のサーバーアクセスされた時も、エックスサーバーにあるWordPressのサイト情報が表示されるようになりました。

引越し④:ConoHa WINGにサイトデータを移行する

次はConoHa WINGに、エックスサーバー側のサイトを引っ越しします。

サイトデータの移行

流れとしては、

  1. WINGを選択
  2. サイト管理を選択
  3. サイト設定を選択
  4. 「+WordPress」をクリック

順番にいきましょう。

そうしたら、上記のような画面に遷移するので、

  1. 「WordPress」を選択
  2. 「かんたん移行」を選択
  3. 「WordPressのバージョン」を選択
  4. 移行元URL(引っ越ししたいサイトのドメイン)を入力
  5. サイトURL(wwwの有無)を選択
  6. 移行元ユーザー名(エックスサーバーのWordPressログイン時のユーザー名)を入力
  7. 移行元のパスワード(エックスサーバーのWordPressログイン時のパスワード)を入力
  8. データベースのパスワードを作成し、入力
  9. 「保存」をクリック

入力ができたら、保存します。

③:WordPressのバージョン」については、5以上を利用している人は「5.3.0」、それ以前(4.9.12以下)は「4.9.12」を選択しましょう。

ユウタ

WordPress5.0以降はエディターが変わるので、それ以前の利用者はとりあえず4.9を選択するのがおすすめです!

上手くいけば、

ステータスに「移行中」と表示されます。

数十分くらいすると、

上記のように、「稼働中」となり、エックスサーバーからConoHa WINGへのWordPressデータのコピーが完了します。

失敗してしまう場合は、プラグインを一度全て停止すると上手くいくことが多いです。
※記事数や画像が大量にあると、「稼働中」になるまでに時間がかかると思うので気長に待ちましょう。

完了すると、ConoHa WINGで作成されたWordPressにアクセスできるURLが生成されます。

このURLをクリックして、サイトが問題なく表示されているかを確認しましょう。

ログイン情報が原因で移行に失敗したら?

WordPressのユーザー名とパスワードが合ってるのに、インストールに失敗した場合の対処法について。

結論:原因は、WordPressのパスワードが簡単すぎるとエラーになります。

複雑なパスワードにするために、

・半角英語の小文字を最低1文字

・半角英語の大文字を最低1文字

・数字を最低1文字

・記号(@,#など)を最低1文字

・パスワードの長さを9文字以上に

上記の項目を全て満たすパスワードなら大丈夫です。

WordPressの管理画面でパスワードを修正しておきましょう。

引越し⑤:移転するドメインのネームサーバーを変更する

次に移転したいサイトのドメインのネームサーバーを、エックスサーバーからConoHa WINGに変更します。

ドメインを取得した会社によって少し、内容が違うので、

  • エックスドメイン
  • お名前.com

この2つのネームサーバー変更を解説します。

Xserver:エックスドメイン

まずは、エックスサーバーのXserverアカウント(旧インフォパネル)にログインします。

Xserverアカウント(旧インフォパネル)のログインする

エックスサーバーパネルにログイン

ログイン後のページ下部にある「ドメイン」のドメインURLをクリックして、ネームサーバー設定に進みます。

設定変更」をクリック。

ネームサーバー変更画面で、

  1. 「その他のサービスで利用する」を選択
  2. ConoHa WINGのネームサーバーを入力
  3. ネームサーバーの変更(確認)をクリック

こんな感じで進めていきます。

ネームサーバーには上記画像のように、

  1. ネームサーバー1: ns-a1.conoha.io
  2. ネームサーバー2: ns-a2.conoha.io
  3. ネームサーバー3: ns-a3.conoha.io

と入力しましょう。

その後、「ネームサーバーの変更(確定)」をクリックすると、ネームサーバーの変更が完了します。
≫「ステップ⑥:独自SSLを設定する」へ進む

GMO:お名前.com

まずはお名前.comにログインします。
≫お名前.comログインページはこちら

お名前ドットコム

アクセスすると、上記のようなドメインの契約更新のページに飛びます。このページではネームサーバーの設定ができないので、

  1. 左上の「お名前.com」のロゴをクリックする
  2. 出てくるポップアップに対して「このページを離れる」を選択する

という流れでトップページに行きます。

お名前ドットコムネームサーバー

お名前.comのトップページにたどり着いたら、「その他ネームサーバー」を選択します。

ネームサーバーの設定画面に遷移するので、「ドメインの選択」でエックスサーバーからConoHa WINGに移行したいドメインにチェックを入れます。(今回の例だと、ha-sign.com)

その後、下にスクロールしてネームサーバーの選択項目で、

  1. 「その他」を選択
  2. 「その他のネームサーバーを使う」を選択
  3. ネームサーバー欄にConoHa WINGのネームサーバーを入力
  4. 「確認」をクリック

このような手順を進めていきます。

ネームサーバーには上記画像のように、

  1. ネームサーバー1: ns-a1.conoha.io
  2. ネームサーバー2: ns-a2.conoha.io
  3. ネームサーバー3: ns-a3.conoha.io

と入力しましょう。

入力が終わったら最後に、

  • 「確認」をクリック
  • その後に表示されるポップアップで「OK」を選択

そうすると、「完了しました」と表示され、ネームサーバーの書き換えが完了します。
≫「手順6:ConoHa WINGで独自SSLを設定する」へ

引越し⑥:ConoHa WING側で独自SSLを設定する

ネームサーバーの変更後、すぐには独自SSLが設定できずエラーになります。

「ステップ5:移転したいサイトのドメインのネームサーバーを変更する」が完了してから数時間開けて取り組むことをおすすめします。

ドメインサービスでネームサーバーの変更が完了したら次はConoHaWINGで「独自SSL」の設定を行います。

「ConoHa WING」側で独自SSLを設定する

以下の流れになります。

  1. WINGを選択
  2. サイト管理を選択
  3. サイトセキュリティを選択
  4. 独自SSLを選択
  5. 利用設定を「OFF → ON」に変更

「利用設定」をONにしてから「設定中」と表示されればOKです!

これで独自SSLの設定は完了です。

引越し⑦:ConoHa WINGのDNS設定をコノハウィングの情報に戻す

最後の「ステップ:⑦」では、ConoHa WINGのDNS設定をエックスサーバーのIPアドレスからConoHa WINGのIPアドレスの情報に戻します。

「ConoHa WING」のDNS設定をConoHa WINGの情報に戻す

手順はこちら。

  1. WINGを選択
  2. DNSを選択
  3. ConoHaに移行するドメインを選択
  4. 編集ボタンをクリック

すると上記のような編集画面が出るので、

「ConoHa WINGの元々のIPアドレスを入力」

と書いている所にIPアドレスを入力し、保存をクリックします。

これで、全ての作業が終了です。

ユウタ

お疲れさまでした…っとその前に!
これで終わり‼」と気を抜いてWordPressデータを消さないように。
最低1日はWordPressを放置しておきましょう!

【注意点】エックスサーバー側のWordPressデータをすぐに消さないように!

移行作業が完了したからといってすぐにエックスサーバーのWordPressデータを消すと、サイトが表示されない可能性が高いです。

理由はDNS設定が、すぐに反映されないからです。

したがって最低でも、24時間~72時間はエックスサーバー側のWordPressは消さないようにしましょう。

困ったときの問い合わせ

03-6702-0428

受付時間:10:00~18:00(土日祝を除く)

≫「エックスサーバーからConoHa WINGに乗り換える7ステップ」の説明に戻る

ConoHa WINGに乗り換える5つのメリット

ユウタ

実際に、ぼくが運営している「Yuta Writing Life」をエックスサーバーからConoHa WINGに乗り換えました。

乗り換えた理由は、シンプルに「安くて速いサーバーに変えたい」から!

実際に乗り換えて感じたメリットは、以下になります。

  1. 月額料金が安い
  2. 表示速度が速い
  3. 管理画面が使いやすい
  4. サーバー移行が簡単
  5. サポートが充実している

①:月額料金が安い

初心者におすすめなベーシックプランを他社比較しても、1,000円切るのはConoHa WINGでした。

そして、独自ドメインがいつでも1つ無料でもらえるのも嬉しいですね。

②:表示速度が速い

GMOの高性能サーバーのおかげで、国内No.1の表示速度を実現しています。

③:管理画面が使いやすい

ユーザーを迷わせないシンプルなデザインは、目的の作業をサクッと進めることができます。

④:サーバー移行がカンタン

かんたん移行ツール」を無料で使うことで、かんたんに他社サーバーからConoHa WINGに移行できます!

さらに、代行サービス(7,678円)もあるので、不安な方にもおすすめ。

⑤:サポートが充実している

ConoHa WINGには自動バックアップとデータ復元を無料で利用できます。

設定なしで、14日間分データを保存してくれるので安心ですね。

また、満足度No.1の「お問い合わせ窓口」もあり、安心して利用できます!
≫エックサーバーから、ConoHa WINGへレンタルサーバーを変える

最後に、本記事の復習をしておきましょう。

今回は、以上となります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コノハウィングキャンペーン!

WordPresの最速レンタルサーバーである、ConoHa WING(コノハウィング)なら、読者のストレスを減らしてくれる

期間限定:1,320円 660円(最大50%OFF)

締め切り:~11/14まで

ConoHa WINGコノハウィングキャンペーン

\ 今だけドメイン2つと初期費用も無料!! /

>>【公式】ConoHa WINGホームページ>

フォビジャパン
サーバー移行

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
DMM Bitcoin

コメントする

目次